新車を購入した時のオドメーターの距離

新車を購入した時にチェックしておいた方が良いポイントは沢山ありますが、その中でも走行距離のオドメーターはチェックしておいた方が良いポイントです。私が新車を購入してディーラーで納車してもらった時のオドメーターは5~30キロの範囲でした。新車の場合走行距離がゼロだと思っている人も多いですが、新車であっても輸送時に多少走行するため数キロはオドメーターが回ります。新車を購入してオドメーターが100キロを超えていた場合は、ディーラーの人になぜ走行距離が大きいのか確認する事が大切だと感じました。交通の便が悪い地域の場合は新車を輸送する場合に、トラックを使用せずに車で直接輸送する場合がありそういった場合だと新しい車であってもオドメーターの距離が100キロを超えます。

また特別に登録が必要な車の場合、登録のために移動して登録後に納車するケースが多く、そういったケースの場合もオドメーターの距離が大きくなっています。私は車を購入する時にガソリンを満タンにするサービスを受けた事があり、そういった場合もディーラーの人がガソリンスタンドへ行き、ガソリンを入れて戻ってくるため走行距離が伸びていた経験があります。もし納車時に少しでも走行距離が少ない方が良い人は、ガソリン満タンなどのサービスはやめておいた方が良いと感じました。私は新車を購入してオドメーターが100キロを超えていても、車の不良箇所がなければ問題はないと思いました。